お知らせ

今週の揚げ物ランチ
(26日〜売り切れ次第、次週メニューに切り替わります)

「とりつみれの椎茸揚げ」

とろろ、ショウガなどを混ぜ込んで、ふんわり、さっぱり仕上げた
自家製のとりつみれを、ひとつひとつ椎茸のかさに詰め、さくっと
揚げています。
自家製のおろしポン酢でさっぱりとお召し上がりください
[PR]
# by bonboncha_xuxu | 2008-01-26 04:07 | bonboncha | Trackback | Comments(0)

休日

21・22・23日と久しぶりに長いお休みを頂きました♪
待ちに待った休みはあっという間に終わってしまったけど、
すごく楽しく過ごせました..^o^..

実家好きな私なので、この休みも実家に帰りました。
いつもは帰れても日帰り状態・・・なかなか地元の友達に会えないので、
この機会にと思い、我が家でミニ同窓会を開きました★
私は、ほとんどの人が何年ぶり!?いつから会ってない??状態。
少し緊張気味だったのですが、
保育園・小中高と共に過ごした友だけに、会えなかった時間を全く感じず、
すご~く盛り上がりました♪♪
ただ・・・気づけば半分以上が結婚していて・・・
あれっ??私大丈夫かしら??って感じでした(笑)


実家に帰ってもう一つ、しようと決めていたこと!!
d0141935_3473775.jpg
★スノーボード★
生憎23日のナイターは雨・・・
それでもこの日しかない私は、2年ぶり念願のスノーボードをしたいがために、雨の中スキー場に行きました。
券を買ってリフトに乗ったら雨なんて関係ない!!
スノーボード最高!!
たくさんこけたし、ビチョビチョになったけど
すごく楽しかった^0^

この休み地元に帰って感じた事。家族はもちろん、友達、
行く先々で会う人達が「帰ってきとるんだな~」と笑顔で迎え入れてくれる温かい場所。
私にとって、大好きで大切な場所です。

それと同じくらい温かい場所。
休み明けに、「ゆっくり休めた?」「実家はどうだった?」
お店に来てくださったお客さんの私に対する問いかけ。
そんな気遣いがすごく励みになります。

気づいたら長々書いてました・・・恥ずかしい>_<

★31
[PR]
# by bonboncha_xuxu | 2008-01-25 03:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

微に入り細に入り

前日にも紹介しましたが、
今回お土産にも買った総本家河道屋の「蕎麦ほうる」。
包装紙がとてもかわいいのですが
実はそれ以上に印象に残ったことがありました。

その包装紙は「河道屋」と書かれたなんともレトロなシールで
とめられています。
そして包装紙を開けて、中の缶(缶タイプを購入しました)の蓋をとると
綺麗に折り畳まれたビニールは「ほうる」と同じ「梅」の紋が印刷されたシール
で封がされてありました。
「微に入り細に入り」なんとこころ配りがされていることか…

もう少し詳しく僕の感動体験をお話ししますと、
つまり僕は
かわいい包装紙でアイキャッチされ → 
レトロなシールで再び感動し →
+++ 包装紙を開ける +++
比較的角が丸くない缶をいたく気に入り(極めて個人的な事ですが角のしっかりある四角形が好き) →
+++ 缶の蓋を開ける +++
「蕎麦ほうる」を包んでいるビニールが綺麗に折り畳まれていることを
小気味良く感じ →
そしてそのビニールを封してある「梅」の紋シールの
シンプルな美しさに再び感動し →
そして「ほうる」をひとくち。涙(すいません大袈裟です)

素朴で懐かしい味は、それだけでもちろん美味しいのですが、
「ほうる」に辿りつくまでにもらった、
満足感と期待感がそれをより一層ひきたてていました。
「河道屋」おそるべし。
「ほうる」の味や製法はさることながら、
シールひとつにまでこだわった商品づくり。
「微に入り細に入り」
日々研究を重ねてきた結果の完成度の高さ。
業種は違っても、
この姿勢は是非見習わなければならないと痛感させられました。
「河道屋」さん
おいしい「ほうる」と「教訓」をありがとう。


d0141935_5435839.jpg
ちなみにシールは
これも完成度の高い「ほぼ日手帳」に
貼ってみました


ダデモル小僧
[PR]
# by bonboncha_xuxu | 2008-01-24 04:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

温故知新

d0141935_5545733.jpg

今xuxuの壁をリニューアルしようと計画しています。
元々、蓮の花と葉っぱがモノトーンで描かれていたのですが、
非常にわかりにくく、誰もそれと気付いてくれませんでした。
そこで、壁面の絵を一度消して、さて、どんな絵を描こうかと悩んでいたのです。
今回京都で色んなお店をまわって、何かヒントが得られるかな…と思っていました。
ありました! お店の包装紙や和の小物雑貨のデザインなど
どれも昔ながらのデザインですが、改めて見ると素朴でシンプルで
とても味わいのある物ばかり。
例えば写真の「河道屋」。
そばぼうろの老舗ですが、梅の花と蕾が見事にシンボライズされていて、
僕が子供の頃から見てきたデザインなのに、今でもとってもお洒落。
「鳩居堂」の方もシンボライズされた鳩がシンプルで可愛い。
こういうのが温故知新っていうのだな…と、ひとり納得。
それらをヒントにして、素敵な壁デザインができればいいな…と思っています。
乞うご期待。

ダデモル小僧
[PR]
# by bonboncha_xuxu | 2008-01-23 05:44 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

食べること

京都滞在中のもうひとつの楽しみ。
食べること。

今回は
くずし割烹「枝魯枝魯(ぎろぎろ)ひとしな」と
料亭「菊乃井 本店」に
それぞれ予約を入れていたのです。

「枝魯枝魯(ぎろぎろ)ひとしな」 は
お客様の年齢層が比較的若いお店。
店員も元気な接客で楽しい雰囲気。
でもそれだけではなく、
割烹経験初級者でも楽しめるように
ひと皿ごとに料理の内容、食べ方などを丁寧に説明してくれます。
若い女性ばかりのテーブルでは、説明の度に歓声があがります。
説明することで
お客様とのコミュニケーションもとれて、
料理の付加価値にも気付いていただける。
さすがです。

d0141935_22544214.jpg
一方「菊乃井」の方は
割烹での食事にも慣れたお客様ばかり。
過度な説明はせずに、
一歩引いた接客。
でも料理、盛りつけ、部屋のしつらえ、お出迎えからお見送りまでの流れなど、
多数のお客様をさばきながらも
どれをひとつとってもそつがなく、
てきぱきと
かつ丁寧にこなしているように感じました。
どちらの店も
それぞれに持ち味があって
払った金額に見合う満足感がありました。

d0141935_22561422.jpg
高台寺へと続く「ねねの道」を歩きながら
xuxuにしろbonbonchaにしろ
まだまだやるべきことが沢山あるなと感じたのでした。
明日からは、また仕事。
いい刺激をいい仕事に変換できるように頑張ります。

ダデモル小僧
[PR]
# by bonboncha_xuxu | 2008-01-22 22:50 | xuxu | Trackback | Comments(0)